喉頭がんの原因

スポンサーリンク

喉頭がんの発生は女性より男性が10倍ほど多く、50歳代から80歳代までに急激に増加します。喉頭にがんができる原因は、ほかのがんと同様にまだはっきりとわかっていません。しかし、喉頭がんになる人の多くは、ヘビースモーカーや飲酒を好む人が多くみられることはわかっています。このため、喫煙と飲酒は喉頭がんの発生リスクを高める誘発要因であるといえます。

つまり、喫煙によってリスクが確実に高くなるということで、喉頭がん患者の90%以上が喫煙者です。喫煙と飲酒はそれぞれが別々に、またはその相乗効果で、喉頭がんの発生リスクを高めます。その他、職業上、アスベストの粉塵などを日常的に吸い込んだ場合なども関連が指摘されています。

スポンサーリンク
Copyright© 2021 adminuser All Rights Reserved.