喉頭がんの再発・転移と生存率

スポンサーリンク

放射線治療には再発のリスクもある

喉頭がんも、ほかのがんと同様再発する可能性があります。放射線治療のあとに再発することがありますが、喉頭部分摘出術で切除できれば声 を失わずにすみます。また、声は失われますが、喉頭全摘出術で切除するほうが確実に処置はできます。再発してもすぐ治療に入れるように、手術後5年間は定 期的に検診を受けるようにしてください。

喉頭がんの転移

リンパ節や肺に転移することがある 喉頭がんの転移はほとんど頸部のリンパ節への転移です。遠い臓器などへ転移することは末期を除いてほとんどありません。リンパ節以外の転移先としては肺にみられることがあります。転移がみられると、...続きを読む

喉頭がんの生存率

生存率 生存率は、通常、がんの進行度や治療内容別に算出しますが、患者さんの年齢や合併症(糖尿病などがん以外の病気)の有無などの影響も受けます。用いるデータによってこうした他の要素の分布(頻度)が異なるため、生存率の値が異...続きを読む

喉頭がんの後遺症

後遺症は残る? 声や咽喉に後遺症が残る可能性がある 放射線治療や喉頭の部分摘出手術では、声を失わずにすみます。 しかし、放射線治療のあとには、喉頭の乾燥からくる異物感があります。まれに喉頭を構成している軟骨の炎症や壊死が...続きを読む
スポンサーリンク
Copyright© 2019 adminuser All Rights Reserved.