喉頭がんの生存率

スポンサーリンク

生存率

生存率は、通常、がんの進行度や治療内容別に算出しますが、患者さんの年齢や合併症(糖尿病などがん以外の病気)の有無などの影響も受けます。用いるデータによってこうした他の要素の分布(頻度)が異なるため、生存率の値が異なる可能性があります。
ここにお示しする生存率は、国立がんセンターのホームページに掲載されていたものです。生存率の値そのものでなく、ある一定の幅(データによって異なりますが±5%とか10%等)をもたせて、大まかな目安としてお考えください。

がんの発生部位により治療成績は多少異なりますが、ステージで言うとI期では放射線療法で90%以上治ります。I〜IV期全体では、65〜70%の5年生存率が得られます。

進行度 5年生存率
Ⅰ期 放射線治療で80~90%
Ⅰ期~Ⅳ期 手術・放射線治療など全体で65~70%

生存率などの統計データは、あくまでも統計上の数値であって、病院ごとに異なり、個々の患者には当てはまりません。そのため、あくまでも参考程度にとどめるようにしてください。

スポンサーリンク
Copyright© 2021 adminuser All Rights Reserved.