喉頭がんの初期症状

スポンサーリンク

喉頭がんの初期症状

がんが喉頭のどの部位にできるかにによって初期症状は異なります。次のような症状が1ヶ月以上続いている場合はすぐに病院を受診しましょう。

がんがある部位 症状
声帯 声帯にがんができると非常に小さいがんでもざらざらした声、声がれをおこします。
声帯の上部 声帯の上のほうにがんができると、のどの異物感、食べ物を飲み込んだときの痛み、イガイガするかんじなどが現れます。
声帯の下部 声帯の下のほうにできるがんは、進行するまで自覚症状があらわれにくいのが特徴です。そのため、早期発見がむずかしいといえます。

喉頭

喉頭

最も多い声門がんでは、ほぼすべての方に嗄声(させい:声がれ)がみられます。この嗄声は雑音の入った、ざらざらした、かたい声です。1ヵ月以上嗄声が持続する場合は、早急に専門医を受診することが大切です。がんが進行すると嗄声はさらにひどくなり、声門が狭くなって息苦しいなどの呼吸困難症状が現れてきます。同時に痰に血液が混じることもあります。

声門上がんの初発症状は、食物を飲み込んだときの痛み、いがらっぽさ、異物感などです。また、次第に耳に放散する痛みが出現してきます。がんが進行して声 帯に広がると嗄声が出現し、さらに進行しますと声門がんと同様に呼吸困難などの症状を示します。声門下がんの場合は、進行するまで無症状であるため、発見 が遅れがちとなります。
声門下がんの場合は、かなり進行するまでは無症状です。気になる症状がある場合には、早めに耳鼻咽喉科を受診することが喉頭がんの早期発見につながります。

(※声門とは、左右の声帯とそれらの間の空間(声門裂)とをまとめていう。)
スポンサーリンク
Copyright© 2019 adminuser All Rights Reserved.