術後の注意点と後遺症の管理

スポンサーリンク

どの手術においても、手術後5年間程度は定期的に検診を受け、再発していないかどうかチェックする必要があります。再発予防のために、禁煙や節酒は積極的に行いましょう。

全摘手術を行ったときは、のどに気管孔が開くような形になるため、入浴などの際にシャワーやお湯などが気管孔から体に入らないように気をつける必要があります。また、水泳はできません。

スポンサーリンク
Copyright© 2021 adminuser All Rights Reserved.