喉頭がんとは

スポンサーリンク

top1喉頭がんってどんな病気?

喉頭がんは、文字通り喉頭にできる悪性の腫瘍です。喉頭は、のどぼどけにある呼吸するための空気の入り口です。空気の出を調節して声を出す役割をはたしています。そのはかにも空気の通り道の確保、食べ物が気道へ流れるのを防ぐ役割を果たしています。喉頭がんがすすむとこれらの役割に障害がおこります。

喉頭がんにかかりやすい人

どんな人に多い? 喉頭がんは50歳~80歳代の男性に多い病気です。女性にもあらわれる病気ですが、その割合は圧倒的に男性に多いようです。とくに、男性のヘビースモーカー、大量飲酒を好む人に多いことがわかっています。 そもそも...続きを読む

喉頭がんの種類

喉頭がんは、喉頭のどの部分に起こるかによって「声門上がん」「声門がん」「声門下がん」の3つに分けられます。このなかでもっとも多いのは声門上 がんと呼ばれ、全体の約60~65%を占めます。声門がんは声を出す声帯にがんが発生...続きを読む
スポンサーリンク
Copyright© 2019 adminuser All Rights Reserved.