喉頭がんの病期(ステージ)

スポンサーリンク

原発巣はがんの進展の程度により、1〜4の4段階に分類されます(T分類)。声門がんでは、T1はさらにaとbに分類されます。頸部リンパ節は大きさ、個数によって大きく0〜3の4段階に分類されています(N分類)。

通常は、T、Nと遠隔転移の有無(M分類)を総合判断して病期を決定します。この病期は4分類されています。

I期

がんが1亜部(喉頭とさらに小さい単位に分けたもの)にとどまっている状態。

II期

喉頭内の隣接亜部位まで進展しているが、喉頭内にとどまっている状態で、頸部リンパ節転移も遠隔転移もしていない。

III期

声帯が全く動かなくなったり、3cmより小さい頸部リンパ節転移を1個認めるが、遠隔転移はしていない。

IV期

がんが喉頭を越えて咽頭や頸部に進展する、頸部リンパ節転移が多発する、あるいは転移リンパ節が6cm以上となる、またはがんと反対側の頸部リンパ節に転移する、遠隔転移を認めるといった状態。

I、II期は早期がん、III、IV期は進行がんです。1997年の全国集計では、I期:40%、II期:24%と早期がんが過半数を占めています。

スポンサーリンク
Copyright© 2021 adminuser All Rights Reserved.